<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目


<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目ブログ:15-8-17


フルーツは
24時間およそ200g摂取するのが望ましいとされています。

市販のフルーツジュースの場合は200gで
生のフルーツ100g分と半分に換算されます。

生のフルーツと市販のフルーツジュースの違いは、
フルーツの持つ「酵素」にあります。

生のフルーツには、
ビタミン・ミネラル・食物繊維・酵素が含まれていますが、
この酵素が食べたものを消化吸収したり、代謝したりと
生命維持にはかかせない役割をしているんです。

酵素はたんぱく質を主成分とした物質で、
潜在酵素と食物酵素があります。

「消化酵素」は
私たちが日々食べる食事を消化吸収するもので、
「代謝酵素」は
新陳代謝や毒素を汗や尿中に排出する働きをしています。
これらは「潜在酵素」と呼ばれ、
一生のうちで体の中で作られる量が決まっています。

一方「食物酵素」は体の外にある酵素で、
野菜・フルーツ・生肉・生魚・味噌・納豆などに含まれています。

酵素が不足すると体に支障をきたすようになりますし、
炭水化物・たんぱく質・脂肪・ビタミン・ミネラル・ホルモンも
酵素なしでは何の働きもできません。

なので
食物酵素を普段から取り入れておくことが
とても大切なんです。

市販のフルーツジュースには
残念ながら生きた酵素は含まれていません。

ですが
生のフルーツと同様にフルーツの甘み成分である
「果糖」は含まれます。

「果糖」は、
体の中に吸収されると
速効性のエネルギー源となりますし、
カロリーも意外に少ないところがうれしいところです。

また、
ビタミン・ミネラル・食物繊維などの成分は
フルーツジュースの栄養成分表示を見て
賢く選ぶようにしましょう。

また、砂糖などが添加されていない
フルーツ100%のものを選ぶことがポイントです。