<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか

レーシックにおきましては、まず最初に眼球に麻酔をすることとなりますが、これは目薬となっているので注射で痛みを感じる麻酔ではありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解しておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。

 

実際のレーシックにおきましてはレーザーで角膜を削り、その場所にレーザーを照射させ、フラップを調整していくこととなります。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。





インプラント 相模原はこちら
URL:http://www.perfect-implant.jp/access/sagamihara.html
インプラント 相模原へ


<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのかブログ:17-4-03

水はの体中では
血液や皮膚、筋肉、臓器、骨、などあらゆる場所にあり、
成人では体の約6割が水分で構成されています。

1日に必要な水分量については諸説あり、
一概にこれだけと言い切れませんが、
人間の体は安静にしていても最低1200mlは必要なので、
1日あたり、
1500ml(1.5L)〜2000ml(2L)の水分補給が望ましいとされています。

1日で体から出て行く水分は
便と尿で1400ml、汗と呼気で900ml…
合計2300mlの水分が排出されています。

ですから、
失われる水分を補給する意味でも
1日2Lの水分は必要ということになりますね。

でも、
その2Lをすべて「飲む水分」と考えなくても大丈夫です。
食べ物からも水分が得られます。

野菜やくだものにも多くの水分が含まれていますし、
お米もご飯になると水を含むので
水分は約4倍に増えます。

また、
出て行く水分も多く
意外に思われるかもしれませんが、
意識しなくても体は、
体の中の水分量を一定に保ってくれているのです。

おすすめの水分補給のタイミングは
午前中目覚めたとき・お風呂の前後・寝る前、
あとは喉が渇く前に少しずつこまめに飲むのが無理なく続けられますよ。

水道水は、
一度沸かした湯冷ましの方が有害物質が抑えられます。
お気に入りのミネラルウォーターを見つけるのもいいですね。
ジュースや甘い飲み物は嗜好飲料に分類されますので
楽しみ程度にしておきましょう。

水分を味方につけて
体の中も外もきれいにしていきたいですね。

応援クリックしてね・・・プチ