<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活

長いスパンで考えていくことで、レーシック手術よりもコンタクトの方が高くなってしまうことがあります。
またレーシック手術を受けることで、半永久的に裸眼で過ごすことが出来るというメリットもあります。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
コンタクトレンズを普段から使用している人の中でレーシックをしようか悩んでいる人も多いことでしょう。
コンタクトレンズの価格とレーシックの治療費を比較した時、実際のところ長い目でみればレーシックの方が経済的に安くなることがあるのです。

 

コンタクトレンズの使用者にとりまして、裸眼の快適さというのは大変魅力的なものとなるでしょう。
日頃の面倒くさいことが一切必要無くなるレーシック手術をして、コンタクトレンズから解放しちゃいましょう。



<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活ブログ:17-9-21

皆様
( ゚д゚)ノ こんにちわー

「低炭水化物減量」ってかなり注目されていますし、
実践している人も多いみたいですね。

確かに過剰に炭水化物を摂取することは、
減量にとっては、
決していい結果をもたらしてはくれません。

でも、
あまり極端に炭水化物の摂取をカットすることは
危険なんですよね。

特に俺たちの脳というのは、
ブドウ糖しかエネルギー源にすることができないといわれています。

減量中は、
好きなスナック菓子を我慢したりして、
よくイライラするという人がいますが…

もしかすると、
食べる事から炭水化物を極端にカットしたことで、
ブドウ糖が十分に脳にいきわたらずに、
イライラなどの感情を引き起こしていることも考えられるんですよね。

なので、炭水化物を適度にとることは
非常に大事なんです。

炭水化物については、もう一つ誤解があります。

それは、炭水化物として摂取したものは
すべて脂肪として貯蔵されるという誤解です。

確かに余分になった炭水化物については、
脂肪という形で体質の中に貯蔵されます。

しかし余らなければ、
脂肪として貯蔵されることはないんですよ!

特にトレーニングをした直後は、
炭水化物が脂肪になることは少ないでしょう。

トレーニングをした後に摂取された炭水化物については、
筋肉などに糖分という形で運ばれていくようです。

炭水化物を分解した糖分は
優先的に筋肉や肝臓に運ばれていくんだそうです。
トレーニングによって失われた糖分を補給するためです。
ですから、なかなか余分が出てこないんです!

適度なトレーニングをすれば、
脂肪という形で炭水化物が貯蔵されなくなるんです。

いくら減量とは言え、
炭水化物を目の敵にするのはよくないと思いますよ!

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)