<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。

 

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。



<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術ブログ:17-8-25

減量中、
どうしても甘いものを食べたくなった時は
ウエストが満腹感に満たされている
食事の後がベストなんですが…

そんな食事の後のスイーツにも
ご法度メニューがあるんですよね!
それは焼肉の後のアイスキャンディーです!

焼肉の後のアイスキャンディーって
格別に美味しいんですよね!

いくら減量のためとはいえ、
我慢するのは難しい…

でも、
減量に失敗したくないなら、
焼肉とアイスキャンディーの食べ合わせを避けましょう!

どうして、
焼肉の後のアイスキャンディーが
減量の大敵なのかというと…

そもそも焼肉は脂肪が多く、
アイスキャンディーは糖分が多い食品です。

減量中は
脂肪・糖分の取りすぎがよくないのはいうまでもありませんが、
恐ろしいことにこれらを同時に摂取すると
その悪影響は、さらにパワーアップしてしまうそうなんです!

つまり
脂肪と糖分を一度にたくさん摂取してしまうと
体質に脂肪が増えやすくなってしまうわけです。
減量的にはまさに最悪!!

ですから
焼肉のあとは、
せいぜいガムや小さいあめぐらいで我慢しましょう。
焼肉にかぎらずお肉をたくさん食べてしまった時は、
この方法がオススメです。

焼肉屋さんで食べる時は
一人前がお皿で出てきますし、
お会計の後にちゃんと
ガムやあめがもらえますから大丈夫ですよね。

ちなみに…
焼肉は
鉄板よりも網で焼いた方が、肉の脂肪が落ちるので
減量中の摂取カロリー対策としては
効果的なんだとか…

ということは、
減量に励んでいる人は
家での焼肉は当分我慢にした方が良さそうですね!